ホーム>事故治療

事故治療

交通事故治療『7つの安心』

首を痛めている女性
①治療費負担0円!!(自賠責の場合)
②整形外科(医療機関)に受診しながらでも通院可能
③院長は延べ20万人の治療実績のあるベテラン治療家
④症状に合わせたオンリーワン施術
⑤面倒かつ複雑な保険会社の対応を丁寧にアドバイス
⑥他の医療機関、治療院からの転院受け入れも丁寧に対応
⑦万が一保険会社とトラブルが起きた時は信頼できる弁護士を
ご紹介

事故にあったら!!

事故にあったら

  • どんなに小さな事故でも警察に連絡しましょう。これは鉄則です!!
  • その時症状が無くとも病院へは必ず行きましょう。後から症状が出た時、あまり時間が経っていると事故との因果関係無しと判断されることがあります。
  • 医師には気になる所は何箇所でも伝えましょう。
  • 診断書は警察に提出するのに必要です。更に自分用にコピーを取っておくと良いでしょう。
  • 当院への通院したい時は保険会社に「治療院うえのぬまに通院したい」と電話で言うだけで大丈夫です。

当院にかかる時の素朴な疑問

治療費はかかりますか?

負担金はまったくかかりません。

どうすれば「治療院うえのぬま」で施術してもらえますか?

相手方の保険会社に「治療院うえのぬま」に通院したいと伝えて頂けばOKです。

保険会社に整骨院での治療はダメだといわれました。

医療機関を選択する権利は患者様にあります。また「治療院うえのぬま」での交通事故の治療は、国で認められています。
最近は保険会社が「接(整)骨院での交通事故の治療はできないし、治療費も慰謝料も出ません」と信じられないような嘘を言う事があります。そのような事をいう保険会社がありましたら、すぐ当院へご相談下さい!

整形外科と「治療院うえのぬま」のどちらが良いでしょうか?

警察に診断書を提出する必要がありますし、骨や神経などの異常がないか、まず整形外科でレントゲン を撮り、
診断書を書いてもらうことが必要です。整形外科でのその後の治療は痛み止めの投薬、電気治療、シップ薬の投与が主流です。
交通事故のむちうちなどは、後で後遺症が出ないようにしっかりと治療しておく必要がありますが、整形外科ほとんどやりません。
2時間以上待合室にいて、やっと診察になったら、医師から「どうですか?」の一言で終わりという事が現実に多いのです。
整形外科から当院へ転院された患者様は、全員それが理由です。
当院では電気療法、物理療法、マッサージ、ストレッチ等の手技療法でしっかりと治療します。
必要であれば、はり灸(保険会社の同意が必要)も組み合わせて、ひとり一人の症状に合わせて施術計画を立案致します。
よって、最初、診断書をとるために整形外科、その後整骨院へ通院という方法をお勧めします!(整形外科へも最低でも月に1回は通院をお勧めします)

慰謝料はどうなるのでしょうか?

通院一日あたり4,200円支払われますが、整骨院と整形外科とで差はありません。

治療期間は?

交通事故の症状は様々ですので、一概に申し上げられませんが、3~6ヶ月間の治療が目安となっています。

症状が軽くても治療できますか?

今の症状が本当の体の状態をあらわしている訳ではありません。
交通事故の場合、初めのうちの症状が大したことがなくても、後で痛みや違和感が発生する場合も多く見受けられます。
また早期に適切な施術を行わないでいると、後遺症が残る可能性も高まります。あまり大したことがないと思っても、
早めに受診されることをお勧めします。

毎日通院して良いのでしょうか?

もちろん大丈夫です。症状が改善するまで治療できます!

通院する医療機関(整形外科)を変更したいのですが?

保険会社に通院したい医療機関(整形外科)の名称と連絡先を電話で伝えるだけで変更できます。
保険会社は速やかに手続きをする義務があります。