ホーム>不妊治療

不妊治療

不妊症治療について

親子.jpg

鍼灸(針灸)治療の適応症の中で不妊症は当院の最も得意な疾患の一つです。当院には大勢の女性の不妊治療の方が通院しています。東洋医学理論に基づいて、不妊症の方にとって常に一番よい治療を提供いたしますが、治療内容は個別対応になっておりますので、すべて内容が違います。特徴のひとつとしてはバイオメディックという院長が長年の臨床経験と研究で生みだした独自の治療法を用い、鍼灸+経絡指圧+骨格調整+物理療法を組み合わせた総合診療です。また、最新の不妊症の鍼治療法を積極的に取り入れて、妊娠確率の精度を高めています。妊娠できた、と多くの方から喜びの声をいただいております。

不妊症の鍼灸治療の流れ

ステップ・1

問診表の記入(基礎体温の記録表があれば持ってきて参考にさせてください)。

ステップ・2

問診表に基づいて、東洋医学的診察方法を行います。
不妊の原因や体質を知るために大変重要なポイントとなります。

ステップ・3

治療開始です。時間は1~1.5時間程度です。
治療は鍼とお灸、電気物理療法、経絡指圧、骨格調整を症状により適宜選択して行います。

初診の方は予約している時間より20分前に来院してください。

不妊の原因や産婦人科での治療などと併せて行う事が可能です。
自然療法なので、他の治療と適合しないという事はほとんどありません。

また体外受精や人工授精の方は産婦人科の治療スケジールにあわせ、最善な治療法を提供します。

不妊治療問診票

不妊治療問診票 ダウンロード
プリントアウトして、ご記入の上お持ちください

治療頻度の目安

不妊治療は時間との勝負です。
出来るだけ早く、体調を整え、妊娠しやすい状態に導くという観点から、治療回数(頻度)は
当院のアドバイスを守っていただく事が望ましいです。

今までの治療経験から、2週間に3回の治療で3~4か月を目安としていきます。

様々な条件がありますので、一概に言えませんが、上記の頻度通院していただき、
妊娠に到るまで継続するというのが一般的です。

治療内容は鍼灸治療を中心に行う場合、骨格のバランス調整を必要とする場合など色々ありますので、
これは来院されて問診時に話し合いの上、治療計画を立てさせていただきます。

妊娠された場合、次のステップとして、妊娠状態の維持という目的の為に週に1度~10日に1度の通院が必要です。
これは出産直前まで治療可能です。

出産後は骨盤の調整や様々なホルモンバランスの変化による体調の安定のために数回治療をします。

そして、全体的にバランスが取 れていて、患者様の体調に何か問題や不安が無ければ、終了となります。

料金

初検料 2,160円
不妊治療(予約制) 4,000円~6,800円